photo06

学校案内

歯科衛生士の育成を
専門とした
教育機関です。

1979年に開校した太陽歯科衛生士学院の流れを受け継いで1980年に改称した太陽歯科衛生士専門学校は、歯科衛生士の育成を目的とした専門学校です。本校は生徒一人ひとりが臨床現場に出たときに即戦力となることを目標とし、「思いやり」を育てるために講義のカリキュラムや施設・設備に強みとこだわりを持っています。歯科衛生士の養成機関には、国公立、歯科大学、歯科医師会、医療法人、学校法人などありますが、本校は歯科衛生士の育成を専門としている、数少ない専門学校のひとつです。

MESSAGE

歯科衛生士はこれからも益々必要とされる仕事です
国家資格は一生もの
将来、「あの時頑張って良かったな」と必ず思えます

 歯・口の機能の改善が、健康長寿に欠かせないことや、全身の病気の予防 に一番効果がある事が判明し、国でも新しい法律や、規則の改正を行っています。

 歯科衛生士業務もさらに広がり、AIにとってかわられることがない職業として、 益々社会から必要とされています。

 本校への求人倍率も23倍以上と需要にこたえきれない状況です。 歯科衛生士は人から感謝され、ずっと続けられるとても良い仕事です。

 意欲ある皆さんのご入学を歓迎します。

photo07

医療法人遮断友和会理事長 櫻井弘乃 医学博士
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医
日本医学会認定産業医

歯科衛生士
医療人としての口腔の健康に貢献する国家資格です

 歯科衛生士は、歯科の予防処置、診療補助や保健指導などを行う医療従事者です。歯科衛生士になるためには国家資格に合格しなければなりません。歯科衛生士は、開業医だけでなく、病院、保健所などでも活躍しています。また、歯科関係の企業に就職する歯科衛生士もいます。最近では、歯のホワイトニングなどの審美歯科治療にも歯科衛生士が大きく関わっています。本校の求人倍率は非常に高く、毎年、多くの歯科医院、病院などから求人があります。

 歯科衛生士国家試験の合格率が高く、学生に親身な指導を行っている太陽歯科衛生士専門学校で歯科衛生士を目指してみませんか。

photo07

校長 佐藤 亨 東京歯科大学卒業 歯学博士
東京歯科大学 名誉教授、臨床教授
日本歯科審美学会 第8代会長 (2010~2012)

学校概要・沿革

太陽歯科衛生士専門学校は、1979年に前身である太陽歯科衛生士学院を開校。
1980年に太陽歯科衛生士専門学校として改称したことに始まります。
開校当時は定員30名でしたが、改称とともに定員を80名に増員。
また、2010年には日暮里駅前に校舎を移転、夜間部を新たに開講することで総定員数は160名になりました。
これからも歯科衛生士を育成する専門の教育機関として、常に施設・設備や講義カリキュラム向上に努めて参ります。

1978年
厚生省(現厚生労働省)より専門学校開設の認可承諾
1979年
西日暮里(太陽ビル5F)に太陽歯科衛生士学院開校(定員30名)
1980年
足立区花畑に太陽歯科衛生士学院 移転
太陽歯科衛生士専門学校と改称(定員80名)
1988年
10周年記念式典(於:帝国ホテル)
1996年
本校1階部分を全面改装
1997年
20周年記念誌発行
2008年
30周年
2010年
夜間部開校・日暮里駅前校舎(現校舎)移転
2016年
男女共学化
2018年
40周年

就職情報

photo08

当校は日本ではめずらしい歯科衛生士を専門に育てる教育機関で臨床現場で即戦力となる人材育成するためのカリキュラムに力を入れており、国家試験全員合格を合言葉に生徒一人ひとりを社会へ送り出すための環境が揃っています。

詳しくみる

アクセス

photo08

東京の都心、JR山手線「日暮里駅」徒歩1分の好立地。山手線のほか、JR常磐線、京成本線、京浜東北線、日暮里・舎人ライナー、東京メトロ千代田線の6路線が利用可能。上野駅から4分、東京駅から11分、新宿からも21分。

詳しくみる

就職率・就職実績

当校の卒業生の就職率は安心の100%!歯科衛生士として現場で即戦力となれるように、生徒一人ひとりと向き合ったカリキュラムで自信を持って歯科医療の現場に送り出しています。

詳しくみる

進路相談

就職活動の始め方からマナーまで分かる、個別進路相談と就職ガイダンスを行っています。また卒業後の相談も受け付けているので安心。

詳しくみる

国家試験対策

当校は全国平均を上回る国家試験合格率で、一度現場を離れてしまった場合でも、国家資格を持っていれば安心です。

詳しくみる