歯科衛生士コラム

2022/08/29

歯科衛生士コラム

歯科衛生士が持っていると役立つ資格をご紹介します。

歯科衛生士としてさらなるキャリアアップ・スキルアップを目指すのなら、新たな資格の取得がおすすめです。
世の中には歯科衛生士に関する資格がたくさんあり、それらの取得は今の仕事や転職に対して大きなメリットを与えてくれます。

これから歯科衛生士として働く方はもちろん、既に歯科衛生士として仕事をしている方も、持っているといい資格は把握しておくと良いでしょう。
本記事では、歯科衛生士に関する資格をいくつか紹介します。

歯科衛生士として活躍するには複数の資格が必要?

歯科衛生士になるには、国家試験を受けて「歯科衛生士免許証」を取得する必要があります。
基本的にこの歯科衛生士免許証さえあれば、歯科衛生士として働くことは可能です。

しかし、より良い待遇の職場に転職したい場合や、現場で働く際に役立つスキルを得たい場合などは、さらに別の資格を取得することがおすすめされるでしょう。
国家資格以外の資格は、歯科衛生士にとって必須ではありませんが、将来につながるさまざまなメリットを得ることができます。

この機会にどのような資格を持っているといいのか、どんなスキルアップにつながるのかを確認し、自分の歯科衛生士としての仕事に活かすことを考えてみましょう。

歯科衛生士が持ってるといい資格5選

歯科衛生士が持っているといい資格には、以下のような種類があります。
まずはそれぞれの特徴を確認し、自分の興味のある資格を見つけてみましょう。

「〇〇学会」が認定している資格を取得するには、基本的にその学会の正会員になる必要があります。
「◯年以上在籍」「臨床実験や教育講座を受講している」といった条件がプラスされることもあるので、取得の際には詳細を確認しておきましょう。

日本歯科衛生学会 認定歯科衛生士

「日本歯科衛生学会 認定歯科衛生士」は、日本歯科衛生学会が運営する歯科衛生士の認定制度です。
歯科衛生に関する学術や研究を行い、歯の健康や福祉面に貢献することを目指すのが特徴となっています。

日本歯科衛生学会の認定歯科衛生士を取得するには、生活習慣病の予防や、摂食嚥下リハビリテーション、障害を持つ人々への歯科支援など、あらゆる分野を学ぶ必要があります。
歯科衛生士として幅広い知識を身につけたい場合には、有力な資格になるでしょう。

資格取得・認定のためには、日本歯科衛生学会の「生涯研修制度専門研修」を30単位を取得し、歯科衛生士の仕事を3年以上、特定分野の仕事を1年以上経験していることなどが条件になります。

日本小児歯科学会 認定歯科衛生士

「日本小児歯科学会 認定歯科衛生士」は、日本小児歯科学会が認定する資格制度です。
主に小児歯科に関する知識・技術を学び、子どもならではの口腔ケア方法や、自分たちで歯を守る大切さを指導する能力などを育みます。

小児歯科で仕事をしている人や、就職先に小児歯科を選ぶ際には、取得を目指すことが検討されるでしょう。

こちらの資格認定を受けるには、1年以上日本小児歯科学会の会員として在籍し、5年以上小児歯科学の研修や臨床を経験する(もしくは同レベルの業務を経験する)ことと、学会などに1回以上出席していることなどが条件となります。

日本臨床歯周病学会 認定歯科衛生士

「日本臨床歯周病学会 認定歯科衛生士」は、日本臨床歯周病学会が歯周病予防に関する知識や技術を広めるために作られた資格制度です。
歯周病は日本国内で多くの患者を悩ませる疾患のひとつであり、歯の健康を損なう要因にもなる危険なものです。

そんな歯周病に関する深い知識と技術を持った歯科衛生士を認定し、地域貢献や技術発展につなげるのが目的となっています。

資格の認定時には、2年以上日本臨床歯周病学会の会員になり、3年以上歯周病治療を経験(もしくは同レベルの業務を経験)し、同学会が開催する年次大会や支部教育研修会へ3年間で2回以上参加していることなどが条件です。

日本口腔インプラント学会 インプラント専門歯科衛生士

「日本口腔インプラント学会 インプラント専門歯科衛生士」とは、口腔インプラントの治療やメンテナンスに関する知識・技術を認定する資格制度です。
インプラント治療は昨今注目を集め、多くの人の歯の症状を改善することができています。

その一方で、医療事故や感染症の発生など、さまざまな問題が起きていることも事実です。
インプラント専門歯科衛生士の資格は、そういった問題を解決するために、口腔インプラントの知識や施術技術の向上を図り、安心して対応を任せられる歯科衛生士の教育を行っています。

資格申請を行うには、・2年以上日本口腔インプラント学会の正会員であり、3年以上インプラントの治療やメンテナンス業務を経験し、インプラント専門歯科衛生士教育講座を2回以上受講することなどが条件です。

日本成人矯正歯科学会 認定矯正歯科衛生士

「日本成人矯正歯科学会 認定矯正歯科衛生士」は、矯正歯科に関するプロフェッショナルを認定する資格制度です。
矯正歯科を行うために必要な知識や技術の発展と、歯科衛生士への教育を進めていて、患者さんの健康や福祉面の充実に貢献することを目指しています。

認定矯正歯科衛生士には1級と2級があり、自身のレベルに合わせて取得する方を選択可能です。

資格認定を受けるには、日本成人矯正歯科学会の会員であり、3年以上学会が指定している医療機関において、実際に矯正歯科を行っていることなどが条件となっています。

2級から1級へ進級する場合には、「2級の取得から5年以上経過している」「学術大会において講演を実施する」といった条件のクリアが必要です。

ホワイトニングコーディネーター

「ホワイトニングコーディネーター」とは、一般社団法人日本歯科審美学会が認定を行っている資格です。
ホワイトニングによって歯を綺麗にすることは一般的となっていますが、正しく実施するには歯科衛生士が適切な技術と知識を保有していなければなりません。

そこでホワイトニングコーディネーターに注目が集まり、歯科衛生士の仕事に役立つ資格として普及しています。
ホワイトニングコーディネーターの資格を受験するには、歯科衛生士の免許を取得した上で日本歯科審美学会の会員になり、認定講習会を受講してから認定試験に合格しなければなりません。
歯科衛生士の仕事でホワイトニングに携わる機会が多いのなら、ホワイトニングコーディネーターを取得して業務に役立てることがおすすめです。

歯科衛生士が国家資格以外の資格を取得するメリット

歯科衛生士が国家資格以外の資格を取得することには、「仕事の幅が広がる」「歯科衛生士として自信をつけられる」といったメリットがあります。
上記で紹介した資格の取得は、結果的に歯科衛生士としてのスキルアップにつながります。

そのため資格取得を目標に努力をすることで、少しずつ優秀な歯科衛生士に変わっていくことができるのです。

今回紹介した資格は、各学会の会員になることが条件となっているため、本格的な学術の場で意見を聞いたり、新しい技術についての情報を入手できたりもします。
刺激的な環境で歯科衛生士としてのキャリアを積むことができるので、この機会に興味のある学会の情報をチェックしてみるのがおすすめです。

まとめ

歯科衛生士になってからも、新たな資格の取得は十分に考えられます。
今回紹介した持っているといい資格を取得すれば、歯科衛生士としてのスキルアップにつながったり、転職などに有効活用できたりするでしょう。

歯科衛生士として今後さらに活躍できる能力を育みたい場合には、さまざまな資格の取得に挑戦してみることがおすすめです。